特急列車

特急列車に乗っていた
流れる外の景色は 青空
やがて雨に変わり やみ
夕日のオレンジが差し込み
夜になる

気がつけば 降りたい駅は遥かうしろ
僕は次の駅を待つ
駅舎が見えてくるが 止まらずに通過
また次の駅を待つ
ずいぶん遠くまで来てしまった
列車はゆっくり停車する
見も知らぬ駅 見も知らぬ街
不安が体を躊躇させ
降り損なった僕を乗せたまま
列車はまた動き出す

何度の朝日を見ただろう
何度の夕日を見ただろう
雨は降り、そして止み

景色は早送りで過ぎていく
僕は特急列車に乗せられたまま
見失った僕の駅を探しているのだ
[PR]
by idolater | 2008-02-29 12:00 | ことば


<< 夏の始まり 冬並木 >>