夏の始まり

もう午後に近い午前中の寝室
カーテン越しの薄暗い光の中
君の手を持ち上げて 
そう手というものは 腕というものは 想像以上に重いもの
その手を持ち上げて、指を絡ませる
けれども 君は夢うつつに 嫌がり振りほどいたから
逆の手も試してもみたけれど それもまた振りほどかれたから
私は仕方なく両の手を
光の届かない枕の下に入れて 安心を探す
枕の下には夜と同じ暗闇が広がる
そして夜と同じ温度
ひんやりしていてあたたかく
やわらかく腕を押し返す感触

もうすぐ午後になる
じっとりと暑い午後になる
もうその気配がすぐそこ
カーテンのすぐ裏まで来ていて
存在を主張している

おかいまいなしに眠る君
私は枕の下の世界から 
ひとり這い出して
ドアの向こうへ歩きはじめる
[PR]
by idolater | 2008-07-07 22:57 | ことば


<< 森 特急列車 >>