カテゴリ:ことば( 8 )

愛しい人

真昼に緑の悪夢を見て

夕暮れにひとりでダンスした

そして眠りに落ちながら

手を伸ばすのは 向こう岸

遠くて短い冷たい旅

一瞬と永遠が手をつなぐ

唯一の場所へ

悲しみを運ぶ汽車となる
[PR]
by idolater | 2008-07-07 23:04 | ことば

夏の始まり

もう午後に近い午前中の寝室
カーテン越しの薄暗い光の中
君の手を持ち上げて 
そう手というものは 腕というものは 想像以上に重いもの
その手を持ち上げて、指を絡ませる
けれども 君は夢うつつに 嫌がり振りほどいたから
逆の手も試してもみたけれど それもまた振りほどかれたから
私は仕方なく両の手を
光の届かない枕の下に入れて 安心を探す
枕の下には夜と同じ暗闇が広がる
そして夜と同じ温度
ひんやりしていてあたたかく
やわらかく腕を押し返す感触

もうすぐ午後になる
じっとりと暑い午後になる
もうその気配がすぐそこ
カーテンのすぐ裏まで来ていて
存在を主張している

おかいまいなしに眠る君
私は枕の下の世界から 
ひとり這い出して
ドアの向こうへ歩きはじめる
[PR]
by idolater | 2008-07-07 22:57 | ことば

特急列車

特急列車に乗っていた
流れる外の景色は 青空
やがて雨に変わり やみ
夕日のオレンジが差し込み
夜になる

気がつけば 降りたい駅は遥かうしろ
僕は次の駅を待つ
駅舎が見えてくるが 止まらずに通過
また次の駅を待つ
ずいぶん遠くまで来てしまった
列車はゆっくり停車する
見も知らぬ駅 見も知らぬ街
不安が体を躊躇させ
降り損なった僕を乗せたまま
列車はまた動き出す

何度の朝日を見ただろう
何度の夕日を見ただろう
雨は降り、そして止み

景色は早送りで過ぎていく
僕は特急列車に乗せられたまま
見失った僕の駅を探しているのだ
[PR]
by idolater | 2008-02-29 12:00 | ことば

冬並木

冬の匂いは傷ついている

降ってくるのは 土砂と塵

灰色の夕方

目はひらかず

それでも 光を求める私たちは

のんきで 馬鹿な 支配者きどり

後ろに迫るのは

思い出ではなく 見えない未来

私たちは振り向けない

確かめてはいけないの

追いかけてくる未来など
[PR]
by idolater | 2008-02-03 23:22 | ことば

雪音色

今日は雪が降った
とってもひさしぶりに
雪が降った

音のない雪の音楽

楽譜に音符を並べるように
雪は順序よくちっちっちっと地面に座っていく

とん とん とん
す す す
ふわ ふわ ふわ

音のない雪の音

夕方六時半
水色だった雪は

今はもう真っ白

黒い夜のなかに 白い雪の音が響く 
[PR]
by idolater | 2008-01-29 00:32 | ことば

みどりのこころ

みどりのにおい
みどりの風にのって

遠い春からの贈りもの

灰色の空の向こうに
ひっそりと息づく

白い地面の下にも
ひっそりと息づく

ワンピースのみどり色

みどりのこころを閉じ込めて
[PR]
by idolater | 2008-01-28 15:38 | ことば

蛍光灯

しろい光はあたまの奥のほうまで届いて
そこに何があるのか知っている

眠ることはゆるされず

食すことだけを教えられる

ことばはしろい光に乗って
勢いを増して通り過ぎる
時にざっくり 深い傷を残し

しろい光は 砥石
言葉を 現実を 人間を


色を 音を 空気を
[PR]
by idolater | 2008-01-23 10:49 | ことば

ふゆのあさ

歩き出したはいいけれど
冷たい取っ手が待っていて 押せば風の吹きすさぶ。

こころのそとと こころのなかと。
つめたいふりをしているの
あたたかいふりをしているの
うそつきごっこをひとりでしてる
ほんとにうそつきなのはだれ
[PR]
by idolater | 2008-01-22 23:43 | ことば